美味なうめぼしは通販でお取寄せ【いろいろな種類のものが手に入る】

Menu

品種と製法による種類

梅

保存が効くため通販が最適

ごはんのお供として日本人にはかかすことができないうめぼしですが、南高梅といった品種では約300種類あり、有名な南高梅の他にも白加賀や豊後梅などが日本では生産量が多くなっています。また、製法によってうめぼしの種類も異なってきます。うめぼしは塩漬けにしてから赤シソで色を付けてから干すところまでは基本的に製法は一緒ですが、その後の味付け方法で種類が異なってきます。というのは、干しただけでは塩分濃度が高いため調味液につけて塩分を抜く作業を行いますが、そのときに同時に味付けを行っているのです。よくある味付けとしてはかつおや昆布といったダシに使われる素材を使うことが多くなっています。また、甘みが強いうめぼしにははちみつや黒糖に付け込んだうめぼしもあります。うめぼしは保存が効く食物として有名です。塩漬けされただけのうめぼしであれば、賞味期限がないと言ってもよいほど長期保存が可能です。実際に室町時代に作られたうめぼしが今も現存しています。今の梅干しは味付けがされているため賞味期限はありますが、それでも少なくとも3か月くらいは冷蔵保存が可能です。一般の生鮮食品は鮮度の問題からなかなか通販を利用して購入することは考えられませんが、賞味期限の長いうめぼしであれば通販で購入しても問題はありません。しかも店頭では限られた商品しか販売されていないことが多いですが、通販であれば様々な産地や味付けを試しながら味わえるといった楽しみを持つこともできます。

Copyright© 2018 美味なうめぼしは通販でお取寄せ【いろいろな種類のものが手に入る】 All Rights Reserved.